開催概要

■開催日 2022年9月4日(日)

■会場 東京都立産業貿易センター台東館5F ヤモリに特化したイベントです。
会場(アクセス)

■住所 〒111-0033

東京都台東区花川戸2-6-5 ※公共の交通機関をご利用の上、 お越しください。
問い合わせ/About Us

■主催者:

株式会社クリア Herp Supply 秋海棠

御礼

ご来場者の皆様、ご出展者の皆様、そしてGecko Market を応援し支えてくださった皆様、おかげさまでGecko Market 2022 は盛況のうちに終了いたしました。
ご来場いただきました皆様、お楽しみいただけましたでしょうか。
ご出店者いただいた皆様、充実したお時間となりましたでしょうか。
そうであったと祈念し、皆様に御礼申し上げます。
誠にありがとうございました。

開催日時

2022年9月4日(日)10:00~17:00

開催場所

東京都立産業貿易センター 台東館5階

〒111-0033 東京都台東区花川戸2丁目6-5
入場料

1,000円 (予定) 未就学児  無料

主役はヤモリ

目的動物はヤモリのみ。

ヤモリに特化したイベントです。 ■出展者は業者・個人を問わず、 ヤモリの販売において動物取扱事業者 であれば可。

Latest News

更新情報

御礼 | Gecko Market 2022 を終えて 

ご来場者の皆様、ご出展者の皆様、そしてGecko Market を応援し支えてくださった皆様、おかげさまでGecko Market 2022 は盛況のうちに終了いたしました。 ご来場いただきました皆様、お楽しみいただけま[…]

Read more

チケット前売り券について

前売り券は8月6日(土)10:00~ 販売を開始します。 【チケット販売】Gecko Market 2022 は人数制限ありの3部制です。ご来場をご希望される方は、以下の注意事項をご理解いただいた上、下のリンクよりチケッ[…]

Read more
Gecko Market 2022 会場配置図

会場マップ・出店者リストを公開しました

Gecko Market 2022の会場配置図を公開しました。 2022年8月3日に会場配置図を最新版に差し替えました。

Read more

【注意事項】

■レモンフロストならびにエニグマ、ホワイト&イエローの販売について

ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)の改良品種であるレモンフロストならびにエニグマ、ホワイト&イエローの3品種に関しましては、その遺伝形質に伴う障害が知られています。

Gecko Marketではこれら3品種およびその複合品種 (デザイナーモルフ) の販売に際しまして、販売者様に口頭による状態とリスクの説明をお願いしておりますが、販売イベントという場の特性上、ヒョウモントカゲモドキの購入を考えている方、どなたにでも見ただけで当該品種と分かりやすいよう、以下のような対策を施す事といたしました。 ・レモンフロスト 販売容器上面に黄色のシールを貼付 ・エニグマ 販売容器上面にオレンジ色のシールを貼付 ・ホワイト&イエロー 販売容器上面に白のシールを貼付 ※ホワイト&イエロー(W&Y)では、W&Yの形質と障害(W&Yシンドローム)が独立して別々に遺伝するケースも知られております。そのためW&Yに関しましては、W&Y形質が出ていない個体であっても、W&Yシンドロームが発現している場合、白色のシールを貼付することといたします。また、見た目からW&Yの可能性が少なからず疑われる個体に関しましては、白色のシールを貼付した上で、シール内にクエスチョンマーク(?)を書き込むことで対応させていただきます。 ご来場の皆様におかれましては、上記のシールが貼られている個体をお買い上げいただく場合、販売者様から状態とリスクの説明を受けていただき、その上で購入するか否かをしっかりとご検討下さいますようにお願い申し上げます。また、少しでも不安な点や疑問などありましたら、販売者様にご質問下さい。 なお、貼付するシールについては全てGecko Market事務局にて用意いたしますので、上記品種の出品を予定されてるショップ様・ブリーダー様は、出店申し込みの際にその旨をお知らせ下さい。また、販売時には口頭によるリスクや状態の説明を徹底願います。

■お客様のペット持ち込みは禁止です

(盲導犬・介護犬は除く)

■イベント会場での撮影について

写真をSNS等で公開する場合、商品の価格や個人が特定できる情報が見えないようにご配慮ください。なお、動画による撮影は全面的に禁止とさせていただきます。

■展示・販売方法について

爬虫類は身体の接触面積が多いと落ち着く、『正の走触性』を呈する生き物です。移動・展示・販売においてカップを使用するのは身体の接触面積を増やすためで、海外でも行われており爬虫類には適した方法です。もちろん、一時的に入れているもので、この状態で永続的に飼育を進めるものではありません。ご理解賜りますよう、よろしくお願いいたします。

Contact us

ご質問・ご要望は、下記のフォームからご連絡ください。

お問い合わせの内容が分かるようなタイトルをご記入ください